2018年10月11日

自由に放浪

人生は孤独で、思想は孤独です。私の心を知らない人が現れることはありませんし、私の知っている人もいません。私達はいつも意識のある人生の経験の中で、違う人に出会って、そして、彼らを失ったり、失ったりしています。孤独な歩き方が世の中にある。たとえ隣の人はいつも左右に連れているとしても、どこかに気をつけて、私の心を知り、本質は孤独だった……。もちろん、これは悲観的な言い方です。ここで引用して、人として世界との両相が独立した前提として。

夢を抱いて、詩や遠くに憧れている人には、心に孤独がある。あなたが孤独な能力を失った時、あなたが輪にされて死んだ時。心の中の孤独は、私たちの心との対話ができる、私たちと知っている人を見つけたい。しかし、私たちが見つけたとき、関係を築いて、連絡があって、群落となって、枠を形成して、制限が始まっています。

輪と自己の束縛を突破しようとする人たちは、安逸区から脱出するスローガンを叫び、若い開放的な能力を得て、素晴らしい世界を見た。再び当初は泣き叫ぶ孤独を改め、自らの力を助力する力を探し、そして世界に溶け込んで、世界を発見し、時空の下、世界中、紅塵の中で自由に放浪していく。

愛は簡単だが、勝手にしてはいけない。誇りのある女は大部分が卑しい男に嫁いで、自慢の男はほとんど卑しい女である。世の中には美しい天使がいません。善良な女だけです。一緒にいることができない2人がいないのは、わずか2つの心。女の人の最大の誇りは彼女の容貌が多くて優れているのではなくて、彼女の男の人は多く彼女をかわいがっています。できれば、一番リアルな自分にしてください。

そんなこと言ったことはできないし、これ以上追及はしていませんが、今はあなたができることを言っています。もし彼があなたのものであるならば、あなたは永遠に彼を失うことはできなくて、もし彼はあなたのではないならば、あなたが千方策を尽くしても、いつまでも彼に届かない。あなたが適切な愛情を持っていて、適切な人に出会って、あなた達はすべて適切な時に知っていることができて、互いに天造地に設けられた1対で、手をつないで一生を歩くことができます。

あの妙な瞬間は、待つべきものだから、誰にも追いつけないように。追いつめられた約束は当てにならない。ゆっくり育てられるのは、愛情ではなく、習慣である。時間によって得られるのは、感情ではなく感動する。だから、愛は一瞬のプレゼントで、ありますが、ありません。しかし、逆に言えば、愛と婚姻は実際のことではなく、すべての愛情が結婚しなければならないというわけではありません。すべての結婚に愛情があるわけではありません。時には黙っていて、何も知らないふりをすることがある。


タグ :感情


Posted by kitlaser at 17:41│Comments(0)人生
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。